Browse the latest events all over the world!

Virtual events help the community stay connected 24/7. Click to see upcoming events.

#62 ACE Tokyo Radio 〜新企画爆誕!初回実験の回〜

Sep 14, 2023, 9:15 – 11:00 AM

ユーザーが主体となって運営している ACE Tokyo (Atlassian Community Event) のイベントです。 今回のイベントは新企画 ACE Tokyo Radio の実験の回です ACE Tokyo Radio は、ゲストをお呼びして、ACE Tokyo リーダとゲストの対話をお届けします 少人数での公開収録・オンライン参加可能な生配信・アーカイブ配信、の3つの形態でご参加いただける企画です

11
RSVPs

CloudCommunityJira Software

About this event

イベント概要

ユーザーが主体となって運営している ACE Tokyo (Atlassian Community Event) のイベントです。

Atlassian製品のユーザー、これから導入を検討されている方、または関連事業を展開されている方などお気軽にご参加ください。

今回のイベントは新企画 ACE Tokyo Radio の実験の回です


【ACE Tokyo Radio とは】

ACE Tokyo Radio は、ゲストをお呼びして、ACE Tokyo リーダとゲストの対話をお届けします

少人数での公開収録・オンライン生配信・の2つの形態でご参加いただける企画です

また、収録したRadioは後日アーカイブ配信します


【初回の実験の回のテーマ】

実験の回ということで、ACE Tokyo リーダ2名、高橋と伊藤の対話をお届けします
テーマ案を載せますが、流れで内容は変わります。

・私とAtlassian

・私とACE Tokyo コミュニティ

・今回の企画に込めた想い

  などなど



ACE Tokyo Radio 参加申し込み方法

希望する形態のチケットを選んで申し込みをお願いします

公開収録はチケット数が少なくなっておりますので、お早めにご登録ください。



ACE Tokyo Radio 参加方法

【公開収録に参加される方】

本イベントページに記載の会場まで直接お越しください

 現地参加費:1,000円

 会場使用料・ドリンク・軽食のため
 現地でお支払いをお願いします

公開収録は6席限定です。お早めにご登録ください!

終了後、近くのお店で2次会をやります。ご都合つく方、一緒に行きましょう。
なお、会費は自費になります。



【オンライン生配信に参加される方】

 参加費無料です

このイベントページの上部に「こちらからバーチャルイベントに参加してください!」もしくは「Join virtual event here!」のボタンがあります。

ログインいただくと表示されますので、そちらからご参加ください。Zoomが起動いたします。

* 開催当日まではzoomは起動しません



これまでのイベントレポート

下記のサイトにてこれまでのイベント開催レポートを公開しております

登壇資料や動画も閲覧できますので、ぜひご覧ください

https://augtokyo.atlassian.net/wiki/x/BYAOJQ

Speakers

  • Kunihiro Takahashi

    Yahoo! JAPAN

  • Masateru Ito

    Nomura Research Institute

When

When

Thursday, September 14, 2023
9:15 AM – 11:00 AM UTC

Agenda

9:15 AM公開収録会場の受付開始
9:30 AMZoomオープン
9:45 AMACE Tokyo Radio 収録&配信スタート
10:30 AM収録&配信 終了
11:00 AM収録会場から退場
11:00 AM二次会へ

Community Leaders

  • Kunihiro Takahashi

    MoneyForward

    Atlassian User Group leader

  • Ito Masateru

    Nomura Research Institute

    System Engineer

Contact host

Global sponsor

Atlassian logo

Atlassian

Where Atlassian users meet and share best practices